読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供と一緒のパリ暮らし

夫の駐在でパリへ。子供3人の縁で広がっていくパリ暮らしの想い出を記した雑記。

ワイン教室

パリの駐在マダムのお稽古ごとは、料理教室、お菓子教室、カルトナージュ、フランス語などと数多くあるが、その中でも大人気のワイン教室セパージュに行ってきた。


セパージュは、ミホ先生がご自宅で開かれているワイン教室で、毎月異なるテーマで、フランス各地のワインについて勉強した後、ミホ先生のお料理と一緒にワインを頂くという講座だ。


フランスにある10大産地のワインを毎月少しずつ勉強するのも面白いし、毎回素敵なテーブルコーディネイトやお料理の盛り付けはとても参考になる。


2月は、フランス人にとって一番良く飲むワインというローワル地方がテーマだった。


まずは発泡酒で乾杯、それから白ワイン、赤ワイン二種類を飲んだ。

お料理は前菜、お魚のマリネ、メインのチキンロースト、チーズ2種類に、最後はチョコレートチーズケーキと紅茶を頂いた。

本当にお腹いっぱい。大満足。


フランスに来るまで、ワインはほとんど飲まず、もっぱらビール中心だった。

でもフランスにきてからは、ジュースと同じ値段からあるワインにすっかり魅了されて、最近はワインばかり飲んでいる。

ただ、フランス語もろくにわからずに買うので、すごーく甘かったり、おいしくないワインを買ってしまう失敗もたまにある。


家ではアッサリした料理が多いし、飲みやすさから、ついつい白ワインばかり飲んでしまうが、今日飲んだ赤ワインは、お肉料理やチーズと合わせるととても美味しかった。


料理に合わせてワインを選ぶ大切さを今月も感じた。

ワインに合う美味しいチーズも探しにいかねば。


今週末からは、年に1度の農業市もパリで開催される。

どんな美味しいモノに出会えるか楽しみだ。


月に1度のワイン教室は、自分へのご褒美。

普段とは違う特別なランチ。

ちょっとだけマダムな時間。


フランス生活は、日本と違って不便なことや理不尽なことも多い。

でも、農業国だけあって、日本とは違う豊かな食材、美味しいお料理に出会える。

食べ物が美味しいと生活していく元気がでる。

今月もご馳走さまでした。