読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供と一緒のパリ暮らし

夫の駐在でパリへ。子供3人の縁で広がっていくパリ暮らしの想い出を記した雑記。

肥沃な火曜日

肥沃な火曜日と聞いて、わかる日本人は少ないと思う。

私もパリに来て初めて知った。


キリスト教の復活祭の47日前の火曜日のことで、1週間続く謝肉祭の最終日のことらしい。

マルディはフランス語で火曜日のことだ。

この日は仮装してお祝いするようで、仏教徒にはさっぱりなイベントだ。


で、今日は木曜日なんだけど、何故か朝登園すると、お嬢のクラスはプリンセスドレスを着たマドモアゼルとスパイダーマンやカウボーイ姿のプチギャルソンであふれていた。


何も知らなかった私たちは「何これ?」状態。

ちょうど英語の上手なママが来たので聞いてみると、マルディグラの仮装を今日するとのこと。


普段着で登園していたお嬢は、「私もドレスが着たい!」と、泣き出した。


仮装の話は全く聞いてなかったし、お便りも無かったと思う。

仕方がないので、家までお嬢のドレスを取りに走る私。


こんな時に限って運悪く、マンションのエレベーターが修理中で、朝からハアハアいいながら、階段を上った。


ドレスを取って幼稚園に戻り、門番のマダムにドレスを渡した。


そしてまた階段を上って、自宅に戻った。


朝から母は頑張ったぞ!