読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供と一緒のパリ暮らし

夫の駐在でパリへ。子供3人の縁で広がっていくパリ暮らしの想い出を記した雑記。

パリでなんちゃってお好み焼き

土曜日のパリは、朝から一日中雨。

冬は雨の日が多いが、一日中雨が降り続くことは珍しい。

いつもはちょっと降って、雨があがってを繰り返すのだけど、今日は一日中しとしと降り続いていた。


雨が降ると出かけるのが面倒なので、家にあるもので、ご飯を用意しようと思っていたら、子どもたちがお好み焼きが食べたいと言い出した。


家には、お好み焼き粉もオタフクソースもキャベツもない。


代わりにあるのは、豚肉ブロックに、白菜、粉類、ソース類だ。


家にあるもので、どうにかできないか、いつものようにググってみると、いろんな手作りレシピがでてきた。

なんとかなりそう。


お好み焼き粉は、小麦粉(フランス表示でT45)、片栗粉、ベーキングパウダー、粉末だし、塩で作成。


オタフクソースは、ケチャップ、ウスターソース、しょうゆ、ハチミツ、塩で。

意外に美味しい。


具は、豚肉ブロックをスライスしたのと、白菜のみじん切り、ねぎの代わりにボロねぎの白いところをみじん切りにした。


作り方は一緒。

山芋がなくても、ベーキングパウダーのおかげでフンワリできた。

ソースも美味しく、マヨネーズをかけると、普通のお好み焼きと同じ味になった。

たぶん言われなければ気づかない。

なんちゃってだけど、ちゃんとお好み焼きだ。


デザートは、昼間に作ったチョコレートチーズケーキ。

クリームチーズとリコッタチーズに溶かしたチョコレートを混ぜて作った。

ガトーショコラほどは甘くないが、チーズケーキよりは甘い。

スライスアーモンドとクルミを散らすとナッツの風味が美味しい。


小麦粉のおかげでお腹いっぱい。


寝る前に、やっと雨が上がった。

ベッドからお月様が見えた。

明日は出かけよう。