読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供と一緒のパリ暮らし

夫の駐在でパリへ。子供3人の縁で広がっていくパリ暮らしの想い出を記した雑記。

パリ国際農業見本市に行ってきました

毎年、冬の終わり、春のはじまる前に、パリで行われる国際農業見本市にいってきた。

 

昨日に引き続き、今日も朝から雨。

しかも風も強いときた。

客足が鈍るかなと思ったが、最終日とあって、会場はすごい人混み。

ベビーカーでは進みにくいほどだ。

 

農業見本市には、農業大国フランスの食がギッシリ集合している。

たくさんの家畜、それらから作られる、肉、ハム、チーズ、野菜やワイン、海産物まで。

農機具や関連グッズの馬具やナイフ、飼育小屋なども売られている。


また世界の食を紹介するコーナーもあり、日本ではなじみの薄い、フランス旧植民地領であるアフリカ諸国の物産コーナーもあった。

トンゴのコーナーでは、カカオ豆をすりつぶして、チョコレートのつくり方を説明していた。

 

大きな牛や豚が並んだすぐ横で、ハムが並んでいるのは、ちょっとシュールな気もするが、食を考えるにはいい機会なのかもしれない。

 

会場はとてもひろく6つ?のパビリオンでいろいろな催しが開催されていた。

そして我が家は、ちょっと進行順路を誤ってしまった。

ろくろく会場見取り図をみないで適当にすすんだところ、お目当ての飲食コーナーにたどりつけず、関係ないコーナーばかりうろうろしてしまった。

当然子供たちはあきてくる。

やっと最後のパビリオンでお目当ての海産物コーナーへ。

ホタテの串焼きを食べながら、白ワインとリンゴの発泡酒、シードルを頂く。

シードル、日本ではあまりなじみがなかったが、リンゴジュースに2%くらいのアルコールが入った発泡酒で、甘くておいしい。

本場ブルターニュのシードルは、冷たくて本当においしかった。


大人が楽しく飲んでる横で、こどもたちはうなぎ?の稚魚の水槽を夢中で眺めていた。

そうしたら、お嬢の幼稚園のお友達が通りかかり、お嬢に声をかけてくれた。

知り合いにあうとはめずらしい。

 

最後に、フォアグラ入りサンドイッチを食べた。

バケットの中に、大きなフォアグラが2切れ入っている。

おいしいけど、もうおなかいっぱい。

 

本当は、もっとゆっくり食べたり飲んだりしたかったけど、子供たちも限界になったので、帰る前に、子供たちリクエストの風船を買ってかえった。

本日一番の高額品だ。ヘリウム風船1つ12ユーロ。3つ買うと結構高い。。。

 

にいには金色の馬、お嬢はピンクの子馬、そして末っ子はカラフルなおさかなの風船をチョイス。

 

末っ子、よっぽど風船がきにいったみたいで、寝るときもベットまで風船をもってきて、握ったまま眠りについた。

ベットの上には、フワフワ浮かぶおさかなの風船。

これだけ気にいってくれれたら、いいお買い物だったと思える。