読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供と一緒のパリ暮らし

夫の駐在でパリへ。子供3人の縁で広がっていくパリ暮らしの想い出を記した雑記。

パリ ヴァンセンヌの動物園で日曜日

先週末の大荒れのお天気とうって変わって、今週末は、土曜も日曜も朝から快晴。

気温もだいぶ上がって、日差しがあればコートなしでも大丈夫な上天気。

 

土曜は近所の公園で久々にピクニックランチをした。

そして日曜は、ヴァンセンヌの森にあるパリで一番大きな動物園に行ってきた。

 

動物園へは、メトロ、バス、トラムでアクセスできる。

メトロもバスも、最近スリの話をよく聞くので、今日はトラムを選択。

地上を走る路面電車は、外が見えて気持ちいい。

トラムを降りてからは、ヴァンセンヌの森を横目でみながら、徒歩15分くらいで動物園に到着。

 

荷物チェックをしてから、入場券をみせて、ゲートをくぐる。

じつは、この動物園は、私と子供は2回目。

渡仏きてすぐに、お友達を一度きた。

主人は初めての入園だ。

 

動物園は、2年くらい前?に大改装をしたばかりなので、新しくてきれい。

敷地も広いので、あんまり動物臭くない。

1つ1つの動物のスペースがゆったりしていて、土地の余裕を感じるつくりだ。

 

芝生スペースでピクニックをしているフランス人家族もいた。

ワインのボトルが1本空いていた。楽しそうだ。

我が家は、サイとシマウマの展示スペース前に、ベンチがあったので、そこで買ってきたサンドイッチを食べた。

ちなみに、持ち込みの制限はなし。

園内にもレストランがあり、食事もできるが、高いし、すごく並ぶので、買ってきたほうが無難だ。

 

いろいろな種類の動物がいる。

きりんは11頭もいた。

ライオンは、オスが1頭にメスが2頭くらい。

ペンギンやジュゴンなどの水の動物もいる。

立派な猿山もあり、名前はわからないが、サルの大きな集団が、日向ぼっこしながら毛づくろいをしていた。

 

動物スペースが広いのはいいのだが、1つ難点は、広すぎて、どこに動物がいるのか探すのが大変なこと。

空のおりかとおもったら、遠くの隅っこに動物が昼寝をしていたりする。

 

暑い中歩き回ったので、最後は、売店でアイスクリームを食べて帰った。

子どもたちもいろいろな動物がみれておもしろかったようだ。

初めてきた主人は、今まできた動物園で一番よかったといっていた。

 

天気がいい日の、外のお出かけが気持ちよくなってきた。

もう春を感じる日曜日。

 

次は、パリから40分離れたところにあるサファリに行ってみようと思っている。